よくある質問

ご質問があれば、お気軽にメールフォームからお問い合わせください



01. PKFJはチェコのクリサジーク・クラブの公式支部ですか?


日本には、チェコの「プラシュスキー・クリサジーク・クラブ(Klub Pratel Psu Prazskych Krysariku)」の公式支部はありません。
日本支部というものも、ありません。

チェコのクリサジーク・クラブの会員になる事はできますが、チェコ・クラブが認めているのは、
単犬種クラブとしての「日本のクリサジーク愛好家クラブ」という扱いになります。
よって、協力団体として、活動が認められているクラブはPKFJを含め、2つあります。


02. 日本の2つのクリサジーククラブの違いは何ですか?


繁殖犬検査(ボニタツェ)、日本で生まれた仔犬の血統書(CMKU)を取得するお手伝い、日本のクリサジークの血統書管理等は、同じです。

大きな違いは、PKFJはボランティア・クラブなので会費が無料です。
稀少価値犬だからという理由で、クリサジークの高額売買を行いません。
しかし、厳選した飼い主選びの元、幸せにしてくださるご家庭との慎重なマッチングを大切にしています。

繁殖関係や血統書発行等は、全てチェコのクラブから請求される実費のみで行っております。
又、チェコのクリサジーク・クラブからの最新情報の発信も行っております。


03. PKFJ会員犬の血統書は何になりますか?


現在、PKFJで取り扱っている仔犬の血統書は、FCI傘下のCMKU(チェコ畜犬協会)からの血統書となります。
なお、スウェーデン等のヨーロッパで生まれたクリサジークの仔犬は、FCI 傘下の各国ケンネル・クラブからの発行となります。



04. クリサジークの繁殖について教えてください。


クリサジークのスタンダードを保持し、より良いクリサジークを誕生させるために 雄と雌さえいれば交配するという事はしません。
生後1年位になると、「ボニタツェ」というクリサジークの繁殖犬検査をして、健康状態は勿論、遺伝病がない事や、
よりスタンダードに近い事 等を 検査して、合格した犬だけが、繁殖できます。
また、クリサジークのスタンダードにより近づくように繁殖相手を選んでいます。



inserted by FC2 system